CSR活動

環境活動

鉄スクラップを主原料に、資源リサイクルに貢献
山陽特殊製鋼は、鉄スクラップを主原料とした特殊鋼の製造を事業の柱とし、鉄資源のリサイクルを通じて資源循環型社会の一翼を担っています。
また、ベアリングや自動車部品の長寿命化と信頼性向上を実現する超高清浄度鋼や、ボイラーの熱回収効率化に貢献するステンレス鋼管など、品質特性に優れた特殊鋼製品を提供することで、最終製品の軽量化、長寿命化、加工工程の合理化などを実現し、お客様における製品の製造時や使用時の省資源・省エネルギーに貢献しています。

山陽特殊製鋼グループのコンプライアンス体制針

環境方針

理念
我々は環境問題が人類共通の重要課題であることを認識し、北に世界文化遺産国宝「姫路城」、南に瀬戸内海国立公園を臨む豊かな環境に立地する企業として、事業活動の全ての段階において環境の保全に配慮し循環型社会の構築に貢献する。
方針
当社は、特殊鋼および非鉄金属を製造・販売する工場であることを踏まえ、以下の方針に基づき環境マネジメントを実施する。
  1. 鉄スクラップを原料とする鉄鋼製品の製造を通じて、金属資源のリサイクルに貢献する。
  2. 環境関連の法律、規制、協定等を順守するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善に努め、環境に影響を与える恐れのある事業活動を責任をもって管理する。
  3. 事業活動のすべての段階で環境への負荷を低減し、環境保全に貢献するため、省資源・省エネルギー、副産物の再資源化・廃棄物の削減および汚染物質の排出抑制を推進し、環境汚染の予防に努める。
  4. この環境方針達成のために、環境目的および環境目標を設定するとともに、少なくとも1年に1回これを見直し、必要に応じて改訂を行う。
  5. この環境方針を全従業員に教育訓練により周知徹底させ、環境システムを確実に運営管理するために、環境管理部長を環境システム管理責任者に任命する。

地球温暖化防止対策

重油から都市ガス(天然ガス)への転換を推進

当社は、重油の都市ガス(天然ガス)化を積極的に推進しています。

都市ガス(天然ガス)は重油に比べ、環境負荷が小さいのが大きな特長です。

重油の都市ガス(天然ガス)化は、ほぼ完了しており、2015年度の当社使用燃料(電気を除く)のうち、都市ガス(天然ガス)の占める割合は、99.9%となっています。  

二酸化炭素の排出量のグラフ

モーダルシフトへの推進
モーダルシフトとは、貨物や人の輸送を自動車や航空機から環境負荷の少ない鉄道や船舶に転換することです。
トラック輸送に比べ、船舶輸送は約75%、鉄道は約85%CO2排出量を削減できると言われています。
本社工場(兵庫県姫路市)から東京・名古屋・四国・広島・九州方面の各物流拠点倉庫への鋼材輸送に船舶を利用しており、当社の全般品出荷量に占める船舶輸送の比率は、製造業平均を大きく上回っています。
また、専用コンテナを導入し、姫路~秋田間の鋼材の輸送を、鉄道輸送に切り替えています。


電気自動車の利用
環境保全への取組みの一環で、地球環境にやさしい電気自動車を社用車に導入しています。
電気自動車のボディデザインは、環境保全に対する意識高揚を図るためにグループ従業員から公募し、社内選考によって選ばれた優秀作品を採用しています。


副産物リサイクルの推進

資源循環型社会の構築に向け、電気炉スラグの全量製品化を推進しています。
製造工程で発生する電気炉スラグは、石、砂などの天然資源の代替材として活用され、工業製品として各方面で評価されています。電気炉スラグは、エージングという体積安定化処理や、粒度調整、検査などの工程を経て、全量を製品化し、販売しています。
山陽特殊製鋼の電気炉スラグ製品は、道路用路盤材やアスファルト骨材として利用されており、2005年以降、姫路市の資源循環型舗装のアスファルト骨材としても採用されています。

さらに、鐵鋼スラグ協会の「鉄鋼スラグ製品の管理に関するガイドライン」の順守を徹底し、製造、販売、品質などの各般にわたる管理体制を強化しています。
この管理体制を継続し、信頼性をさらに向上させるため第三者機関による認証を毎年取得しています。


CSR報告書


ご利用にあたって 個人情報の取扱いについて 特定個人情報取扱基本方針

山陽特殊鋼株式会社

ページのトップへ