CSR活動

コンプライアンス

コンプライアンス経営を支える
体制の整備や教育に取り組んでいます

コンプライアンスについての講演会を開催

山陽特殊製鋼グループでは、企業のとるべき行動を定めた「企業行動指針」を制定するとともに、内部通報制度の設置・運用、内部監査等を通じてコンプライアンス体制を構築しています。

また、コンプライアンス講演会やメンタルヘルス講演会の開催をはじめ、テーマ別の研修を行うとともに、社内報特集記事の企画等によりコンプライアンスの啓蒙活動を推進し、コンプライアンス意識の向上を図っています。

こうした取組みを通して、従業員一人ひとりが主役となって、企業の社会的責任を理解し、実践していきます。

山陽特殊製鋼グループのコンプライアンス体制

コンプライアンス体制

内部統制委員会

内部統制委員会

内部統制システムに関する各事案を審議する「内部統制委員会」を設置しています。
コンプライアンスに関しては、方針やそれに基づく具体的な方策のほか、法令などを逸脱している状態や行為、またはその恐れがある場合に、実態調査や改善策の審議などを行います。


通報制度

内部通報制度

コンプライアンス違反の未然防止と再発防止のための内部通報制度を設置しています。
法令、社会規範、社則などに照らし、コンプライアンス違反と思われる状態・行為が認められる場合、またそのおそれがある場合に、その情報をいち早く把握し、迅速かつ適切な対策を講じることにより不祥事発生の未然防止を図っています。


山陽特殊製鋼グループの企業行動指針

企業行動指針

鉄鋼業は基礎素材産業として、広く社会に役立つ鉄鋼製品の安定供給を通じて、国民生活の向上と我が国経済・社会の発展に寄与するという使命を担っている。
当社はこうした使命と社会の一員であるとの強い自覚のもと、誠実かつ公正な事業展開により、これまでも社会との信頼関係を築きあげてきた。

企業は、公正な競争を通じて付加価値を創出し、雇用を生み出すなど経済社会の発展を担うとともに、広く社会にとって有用な存在でなければならない。そのため当社は、国の内外を問わず、人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を順守するとともに、持続可能な社会の創造に向けて、高い倫理観をもって社会的責任を果たしていくことを確認し、ここに「企業行動指針」を定め、具体的行動として実行する。

  1. 基礎素材産業として、良質な特殊鋼製品の開発、安定供給に努め、顧客、ひいては最終消費者の満足と信頼を獲得する。
  2. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行う。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
  3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示する。また、個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理に十分配慮する。
  4. 従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい職場を確保し、ゆとりと豊かさを実現する。
  5. 環境問題への取組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件として、主体的に行動する。
  6. 「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  7. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体には毅然と対応し、関係遮断を徹底する。
  8. 事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の順守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、文化や慣習に配慮した経営を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献する。
  9. 経営トップは、本行動指針の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内ならびにグループ企業にその徹底を図るとともに、取引先に周知させる。また、社内外の声に常に耳を傾けるとともに、内部統制を確立することにより、実効ある社内体制を確立する。
  10. 本行動指針に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う。

CSR報告書


ご利用にあたって 個人情報の取扱いについて

山陽特殊鋼株式会社

ページのトップへ