製品情報

機械構造用鋼

安定した品質が実現する高信頼性
機械構造用鋼とは、ニッケル、クロム、モリブデン、炭素などの元素を単独または複合して含有し、強度や靱性、耐疲労性、焼入性などに優れた特性をもつ特殊鋼で、自動車や建設機械、産業機械などの重要な部品の素材として用いられています。
山陽特殊製鋼は、高清浄度鋼製造技術を駆使して鋼中の非金属介在物を低減した高品質の機械構造用鋼を製造し、高度化するニーズに応えています。

主な鋼種

機械構造用炭素鋼 機械構造用に用いられる最も一般的な鋼で、炭素含有量と熱処理によって硬度を調整することができます。
機械構造用合金鋼

合金元素の添加により強度や靱性、疲労強度、焼入性などの特性を高めた鋼で、焼入焼戻しによって著しい粘り強さをもつ強靭鋼や、浸炭によって耐摩耗性と耐衝撃性を併せ持つ肌焼鋼、これらの焼入性を保証したH鋼などがあります。

【特選素材:TMAX520J2B】

快削鋼 硫黄や鉛などの元素を添加することで被削性を向上させた鋼です。

お問い合わせ先

東京支社(自産機グループ) TEL:03-6800-4705
大阪支店(自産機グループ) TEL:06-6251-7458
名古屋支店(自産機グループ) TEL:052-231-7161
広島支店(営業グループ) TEL:082-221-9275
九州営業所(営業グループ) TEL:092-431-1851
お近くの事業所またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ご利用にあたって 個人情報の取扱いについて

山陽特殊鋼株式会社

ページのトップへ