会社概要

企業

2018/01/04(木)

2018年 社長年頭挨拶(要旨)

 

1.昨年の振り返りと今後の課題

 昨年は、個人消費の持ち直しや企業収益の改善がみられるなど緩やかな回復基調で推移した一方で、 アメリカ の政策動向や中国をはじめとした新興国における景気減速懸念などにより不透明感が強まった一年でした。 このような情勢のなか、昨年 10 月 27 日に発表した当社グループの上期業績は、鉄スクラップ価格の上昇による減益要因があったものの、 販売価格の改善や販売数量の増加、変動費コストダウンの実施、固定費の減少などにより前年同期比で増益となりました。しかしながら、足元では原材料コスト変動と製品価格変動のタイムラグが生じること、 また、原材料・諸資材・エネルギー等の大幅なコストアップが予想されることなどで、下期の業績は厳 しい見通しです。

 今年は、第 10 次中期経営計画の折り返しで、その成否を決める重要な年となります。足元では、中期経営計 画の最大の眼目である Sanyo Factory Renovation(生産構造改革)に向けた検討が進んでいます。 需要構造の変化 に伴い、小ロット化・小径化等が進んでいますが、第2棒線工場等のボトルネック解消や物流拠点の新設を含めた生産ラインの整流化を図ることによって、将来に向けて盤石な生産構造への改革に取組みたいと考えています。

 中長期の視点で特殊鋼の行先を考えていくため、AI化や自動運転化が進展すると特殊鋼の需要変化や求められる品質はどうなるのか、自動車のEV化によってどの部品が残り、 どんな特性を持つ部品が増えるのかなどの研究を進めていき、新たな需要を捕捉するだけでなく、新たな需要を創出していくべく、技術開発にも一層注力 していただくことを期待しています。

 

2.経営理念「信頼の経営」に基づき”真っ正直な会社”に

 「安全第一」という言葉があるとおり、ものづくり企業である当社にとって、「安全」は事業活動の大前提であり全てに優先する基本中の基本です。従業員一人ひとりが毎日充実して働き元気に家庭に帰っていく、そんな 職場でなければなりません。 新年を迎え、何よりも安全を優先することを改めて肝に銘じて年間無災害を達成していただきたいと思います。

 昨年を振り返ると、多くの企業で品質問題が明らかになりましたが、このような問題が起こった要因には、 社員一人ひとりの仕事の優先順位の考え方が大きく関係していると考えています。これを機会に、皆さんには安全の次に優先すべきが「品質」であることをしっかり認識いただき、 顧客視点、顧客満足の追求と各現場・各工程でご注文いただいた品質をしっかり造り込んでいくことで、「高信頼性鋼の山陽」のブランド力の更なる向上を目指していただくようお願いします。

 そして、品質の次に優先すべきは、お客様と約束した「納期」です。「量」や「コスト」を優先して納期を遅らせるようなことはあってはなりません。 これら「安全」、「品質」、「納期」、「量」、「コスト」の優先順位を理解していただき、決して間違うことのないようお願いいたします。

 当社は「信頼の経営」を経営理念としていますが、分かりやすくいえば”真っ正直な会社であれ”ということです。 信義にもとるようなことをして、「高信頼性鋼の山陽」のブランドは決して成り立ちません。 真っ正直な 会社であるために、自分自身や家族に恥じない適切な行動を取っていただくよう改めてお願いいたします。

 最後に、皆さんならびにご家族にとっても素晴らしい一年になることを祈念して、年頭の挨拶といたします。

 

 

以上


ご利用にあたって 個人情報の取扱いについて

山陽特殊鋼株式会社

ページのトップへ